石川県金沢市・小松市を主に注文住宅を承ります。住まいのことなら工務店のあさひホームへぜひご相談ください。

安心・安全の注文住宅はあさひホームにお任せください。石川県金沢市・小松市を中心に外断熱工法で健康的・快適・エコに暮らせるマイホームを創る工務店です。

HOME>建築日記[ファースの家]

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

0120-928-588

お問い合わせ・資料請求

建築日記

施工事例はこちら>>

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



基礎工事完了。基礎コンクリート養生の為水をはっています。

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



基礎コーナーハンチと土台金物

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



お施主様による耐震金具シメールの取り付け。
シメール(建築金物のボルトとナットのネジの緩みを防止)木は必ず木痩せを起こします。時間の経過とともに見えない所でナットが緩んできます。折角の耐震金具を取り付けてもネジが緩んでいましたら地震時にゆれが増幅します。
シメールをナットの部分に取り付けることで自動的に常に締め付け隙間を防止します。(その上建築時に木材の繊維を痛めません。)
日本・米国等で特許済みの金物です。

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



土台はベイヒバ4寸角材。勿論無農薬です。
薬剤を加圧注入した木材を使った建築現場を見ますが、私共は住む人の健康が第一と考え薬剤処理は出来る限りしません。
ひのき・ヒバ材等の腐りにくく、シロアリを寄せ付けにくい木材を用いその上、現場施工に工夫をこらし無農薬住宅としています。
木は乾燥すれば、腐朽菌やシロアリを寄せ付けません。

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



基礎と土台の間にコープレート(断熱材)
作業が進み断熱施工時(現場発泡断熱)に隙間に断熱材を吹き込みます。基礎パッキンに似ていますが、材質は異なり断熱を兼ねています。

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



8月20日上棟前日(前建ち)
いよいよ本格的な工事になりました。
柱は桧4寸角。和室は漆塗りとなりますので杉4寸角。尚当社は創業以来どの建物も全て土台・柱は4寸角以上を用いて建築しています。

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



8月21日上棟。
好天に恵まれ暑い中でしたが順調に大屋ね下地材まで作業が進みました。
尚建築する建物は約72坪です。

とことん住み心地を追求したファースの家



骨太構造で頑丈な家の姿が形になって参りました。
側桁は4寸×9寸以上米松乾燥材。

とことん住み心地を追求したファースの家



輪郭が出来てきました。

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11


ページの先頭へ