石川県金沢市・小松市を主に注文住宅を承ります。住まいのことなら工務店のあさひホームへぜひご相談ください。

安心・安全の注文住宅はあさひホームにお任せください。石川県金沢市・小松市を中心に外断熱工法で健康的・快適・エコに暮らせるマイホームを創る工務店です。

HOME>建築日記[ファースの家]

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

0120-928-588

お問い合わせ・資料請求

建築日記

施工事例はこちら>>

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



内部下地工事

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



壁・天井下地工事

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



足場をはずしました。外観がほぼ出来てきました。

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



12月1日気密測定

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



気密測定

とことん住み心地を追求した家(ファース工法の家)



気密測定の結果。
計測の結果C値が0.3平方cmでした。次世代省エネ基準で2.0平方cmですから、いかに機密性の高い住宅と言えます。
気密と断熱さらに湿気等は表裏一体です。温度・湿度管理をする上においては気密性能が高いほど管理がし易くなります。又今日の住宅には換気システムの取り付けが義務付けられていますが、換気システムを効率よく発揮させる上においても気密性が高くないと不都合が生じます。
ともかく、ファース工法の家は高性能住宅である事を証明しています。
高価格住宅やローコスト住宅さらには、無添加住宅とかパッシブ住宅とか色々有りますが、心地良い住空間は高断熱・高気密の性能によって変ってきます。不必要な化学物質を取り込まず高気密・高断熱にする事が必要です。尚、測定した住宅は延べ床237uです。この面積で換算すれば8cm×8cm程の隙間がある事になります。一般住宅が仮にC値10平方cmとすれば、約50cm×50cm程の隙間が有ることになります。

高気密・高断熱のファースの家(完成)



お蔭さまで外部工事を残して完成いたしました。勿論ファース工法ですから玄関からローカ・リビング・居室等の各所において温度差の少ない心地良い空間となっています。
それではご尊父様のこだわりの和室からご紹介致します。
和室は12.5畳有ります。朱壁の漆塗り仕上げ勿論天井板も全て無垢材です。タタミ表も国産のい草を用いています。

高気密・高断熱ファース工法の家(完成)



お施主様こだわりの建具

高気密・高断熱のファースの家(完成)



ファース工法の家は高気密・高断熱工法でしかも真壁の本格和室に対応出来ます。

高気密・高断熱のファースの家(完成)



縁側は雪見障子

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11


ページの先頭へ