石川県金沢市・小松市を主に注文住宅を承ります。住まいのことなら工務店のあさひホームへぜひご相談ください。

安心・安全の注文住宅はあさひホームにお任せください。石川県金沢市・小松市を中心に外断熱工法で健康的・快適・エコに暮らせるマイホームを創る工務店です。

HOME>建築日記[トリプルエコ住宅]

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

0120-928-588

お問い合わせ・資料請求

建築日記

施工事例はこちら>>

1

2

3

4

5

地盤調査



必ず地盤調査を行います。
地盤が軟弱な場合は、改良方法をご提案致します。

【スウェーデン式サウンディング試験】
北欧のスウェーデンで生まれた試験方法です。
日本でも戸建住宅の地盤調査方法として最も普及している方法です。
鉄製の棒の先端にスクリューが付いたものを地面に突き刺し、おもりを加えます。
その後、上部に付いたハンドルを回しながら測定します。
地中に25p貫入させるのにハンドルを何回転させたかで土の硬さや締り具合を判定します。

地盤改良工事 【HySPEED工法】



〜自然砕石のみを採用!住宅地盤改良の新工法〜

セメントなどの固結材を一切使用せず、”砕石”という天然素材だけを利用し、軟弱地盤を改良する工法です。

環境に優しいのでいつまでも安心です★

シロアリ対策



地盤と基礎の間から、湿気や住まいの天敵”シロアリ”を防ぐため

『アリダンシート』

を敷きます。
建物に薬剤処理をしないために、とっても大切です!

耐候性・耐久性のある特殊樹脂シートに安全性を高めた防蟻薬剤が含まれています。
シロアリの侵入を防ぎ、人や環境に優しく、安全・安心の優れた防蟻防湿シートです。

基礎工事 〜大切な財産を守る、強い基礎〜



★スラブ部分(基礎の底盤)の施工が、特に大切です!!

基礎工事



ベース部分は鉄筋(直径13o)で、ピッチ150oで配筋します。

基礎工事



ベース・立ち上がりを同時に施工する

『一体型ベタ基礎』

を採用しております。

底盤と立ち上がりに継ぎ目がないので、雨水の侵入による劣化を防ぎます。
さらに、高耐久・高耐震の基礎で住まい自身が長持ち!!

安心・安全の頑丈な住まいは、基礎からこだわります!!

配筋後は、第三者機関による”基礎配筋検査”を行います。

基礎工事



基礎型枠工事(金型)

基礎工事



〜コンクリート打ち作業中…〜

配筋検査が終わり、コンクリート打ち作業を始めます。

一体型ベタ基礎では、ベースと立ち上がり部分に継ぎ目がないので、”コールドジョイント(コンクリートを打った後、時間を置いて次のコンクリートを打った時に生じる不連続面)”による基礎の劣化を防ぎます。
さらに、シロアリの侵入を防ぐ画期的な方法です。

基礎工事



〜ベース・立ち上がり一体型基礎工事 完了〜

立ち上がり天の幅は150oで、通常の基礎より一回り太いところが特徴。

さらに、コーナーハンチを設けることで、より頑丈な基礎になります。
建物の大きさによりますが、地盤調査から基礎工事完成まで、約3〜4週間必要です。

基礎断熱 〜自然エネルギーの地熱を利用〜



シロアリ対策をぬかりなく!
基礎の外側をぐるりと囲む断熱材

『パフォームガード』

防蟻加工処理済みの特殊な断熱材です。

断熱材の継ぎ目や隙間は、専用の防蟻シーリングで対策をします。

『シロアリの入る隙間なし!』

基礎の天端も専用のテープで、湿気とシロアリをシャットアウト★
湿気が大好きなシロアリを寄せ付けません!

”床下をドライに保つことが、とっても大切!!!

1

2

3

4

5


ページの先頭へ