石川県金沢市・小松市を主に注文住宅を承ります。住まいのことなら工務店のあさひホームへぜひご相談ください。

安心・安全の注文住宅はあさひホームにお任せください。石川県金沢市・小松市を中心に外断熱工法で健康的・快適・エコに暮らせるマイホームを創る工務店です。

HOME>はじめてのあさひホーム>見えない所にこだわる

お問い合わせはお気軽にどうぞ!

0120-928-588

お問い合わせ・資料請求

あさひの家づくり

見えない所にこだわる

住まいづくりを検討中のAさんファミリーと学ぶはじめてのあさひホーム

住まいの基本が大事です

見えない所にこだわる

源さん
「ん、まずは安心・快適に暮らすためのこだわりどころからじゃ。」
Aさんご家族
「はい。」
源さん
「ん、わしらの家の基は"見えない所で差がつく頑丈な家づくり"。これがすべての家の原点じゃ。これらのポイントには次のようなことがある。」
見えない所の違いのポイント
  • 頑丈な地盤・基礎・骨組み
  • 省エネ・快適性を考えた施工
  • 薬剤を使わない素材
  • 家が嫌う結露を防ぐ工夫
Aさんご家族
「地盤もそうなんですか?」
源さん
「ん、基礎も骨組みも頑丈な地盤があってこそじゃ。」
Aさんご家族
「なるほど~」
源さん
「ん、これらは家を建てる時にまずは欠かせないんじゃ。地盤は下のリンクから見てもらえると良いじゃろう。他は実際の現場をのぞいてみよう。」
Aさんご家族
「はい。」
Aさんの子供
「やったぁ。どこかに行くんだね!」

>>地盤についての詳しいお話

地盤改良で安心な家づくり

さあ、今日は特別に実際の住まいを建てているところを見ることができるようです。

源さん
「ん、最初に基礎と骨組みじゃ。」
見えない所の差 その1.ベース立ち上がり一体型のベタ基礎
  • ベタ基礎写真
  • 「ん、まずは基礎からじゃ。わしらの基礎はベース(底盤)と立ち上り部分を同時に施工する一体型ベタ基礎というものじゃ。」
Aさんご主人
「一体型基礎・・・ですか?(なんだろう???)」
源さん
「ん、これは地面に接する底盤と呼ばれるところと側面になる立ち上がり部分を一緒に作る基礎のことじゃ。すき間ができず、雨水の侵入による基礎の劣化やシロアリの侵入を防ぐんじゃ。」
Aさん奥さん
「あ、分かった!箱で言うなら側面と底が別々のパーツか、くっついて一体型になっているかの違いですか?」
源さん
「ん、そうじゃな。うまい表現じゃ。そしてここの底部にアリダンシートを引くんじゃ。」
Aさん奥さん
「ア、アリダンシート?」
見えない所の差 その2.シロアリの侵入を防ぐアリダンシート
  • アリダンシート
  • 「ん、シロアリの侵入を防ぐための措置じゃ。わしらの家には使う素材でもシロアリを寄せ付けにくくしているんじゃが、念には念をいれておくんじゃ。」
Aさん奥さん
「より強くガードするってことですね。」
源さん
「ん、そうじゃ。それもシロアリの食害の10年の保証付きじゃ。」
Aさん奥さん
「あら、それは嬉しいわ♪」
源さん
「ん、じゃろ。そしてさらに頑丈な仕組みとして家の骨組みも普通より太いんじゃ。」
見えない所の差 その3.太く強い頑丈な骨組み 頑丈な骨組み
源さん
「ん、柱は4寸角、梁や桁は一般的なものより約1.8倍太いんじゃ。」
Aさんご家族
「へぇ~」
源さん
「ん、これで土台と骨組みがしっかりと出来上がるんじゃ。」
Aさんご家族
「ねぇねぇおじいちゃん、あの黒いまるいのなぁに?」
源さん
「ん、坊やよく気が付いた!あれはな、NEWシメールというんじゃ。」
見えない所の差 その3.太く強い頑丈な骨組み
  • NEWシメール
  • 「ん、これは大変優れものじゃ。家の骨組みは木と木を金物で接合しているんじゃが、木造住宅は乾燥材を使っていても建ててから必ず"木痩せ"を起こすんじゃ。"木痩せ"を起こすと最初はきっちり締まっていたものがゆるんでしまうんじゃ。それじゃ、せっかくの金物も意味がなくなってしまうじゃろ。その"木痩せ"に追従して締め続けてくれるのがシメールなんじゃ。」
Aさんご家族
「え、こんな小さな道具がですか?」
源さん
「ん、仕組みを話すと長くなるから、会社へ戻ったら資料をお渡ししよう。それで詳しいことがよく分かる。
大事な基礎や骨組み、地震への取り組みが分かってもらえたじゃろうか?」
Aさんご家族
「はい。」
源さん
「ん、じゃあ次は使っている素材の話じゃ。」

>> 次は「素材にこだわる」


ページの先頭へ